引っ越しをした時

かつて引っ越しを2度したことがあります。最初の時には自分でレンタカーを借りて、友人と共に荷造りをした段ボールを運びました。それほど遠い距離ではなかったので、自分たちですることができました。2回目の時には、友人も働いていて忙しいという事もあり引っ越し業者にお願いしました。ひとり暮らしですし、なるべく安い所をインターネットで探して申し込みました。毎回思うのですが、引っ越しというものは色々と大変です。働きながら空いた時間に荷物の整理をしなくてはならないですし、引っ越し先を探して契約をして電気やガスなどの申し込みをしないといけません。体力も知力も必要な重労働だなあと感じています。たぶん引っ越しをたくさんしている方は慣れてきて早くて上手なのだろうなあ、と思います。引っ越し当日にちゃんと準備を済ませて、近所の方々にもあいさつをしてトラックに荷物を入れて無事引っ越しが完了しました。真面目に作業をしていただいたので、引っ越し業者の方には少し多めにお金を支払いました。

荷造りはただまとめるだけではないから大変

私は引越しで最も大変なのは荷造りを置いて他にはないと思います。荷造りをするときには家中の荷物を引っ張り出しますが、その全てが必要なものだとは限りません。中には当然不要なものもあります。その不要なものと必要なものに分けていく作業が大変なのです。

後で処分しやすいように不要なものは一つどころに分けていくのですが、中にはもしかしたら使うかもしれないという微妙な品もあり、捨てるべきか置いておくべきかすごく迷います。

一応そういったものは捨てずに取っておきます。やっぱりいらないとなれば後で処分すればいいわけですし、迷ったものは迷ったものでまとめておきます。後でややこしくならないようにするためです。

荷造りをしていくと荷物がどんどん溢れてくるので、どこに何を置いたかしっかりと把握しておかないと、不要なものなのか必要なものなのかも分からなくなってきます。

このように荷造りは荷物をまとめるという単純なものではなく、そのためすごく大変な作業なのです。

引っ越しするときは、業者に頼む、それとも自分で?

一人暮らしをしていたとき、仕事の関係で会社の近くのアパートに引っ越しをすることになりました。家具や荷物が少なかったので、引っ越し業者に頼むか、それとも軽トラを持っている知人に頼むか迷いました。まず、引っ越し業者に見積もりをしてもらい、そのあと知人にどのくらいの料金だったらお願いできるか聞きました。知人に頼むほうが安かったですが、結局引っ越し業者に頼むことにしました。

 

費用のことを考えると知人に頼んだ方が安かったのですが、いろいろ気を使うことが多いので頼むのはやめました。本当に親しい人しか家には呼んでいなかったので、あまり家の中を見られるのが嫌だったということが理由の一つです。引っ越しするのですから、何人かの人が家に入るのは仕方がないのですが、あまり知り合いに家の中を見られるのが嫌でした。引っ越しの業者の人でしたら別にいいので(なんとも思わないので)、気を使わなくてすみます。

 

また、いくらお金を払うといっても引っ越しを手伝ってもらうとなると後々まで気を使うことになりそうでしたので、その後の引っ越しのときも引っ越し業者に頼むことにしました。

不要なものは捨てる

引っ越しをするときは、その家にある荷物を全て出さなくてはいけません。

でも、その家にあるもの全てが必要なものってことはないと思います。

そう思った時の話をさせていただきます。

 

今まで引っ越しの経験は3回。一人暮らしを始めてからは、2回目です。

今の家は6年くらい住んでいたので、細かい荷物が大量にあることに気づきました。特にもう読まなくなった雑誌、単行本やDVDが山積みになっていました。そこで、引っ越しをする前にすべて処分しようと、古本屋、リサイクルショップ、売れなかったものは全てゴミとして出しました。

思っていたよりお金になったので、よかったなと思います。

そして、服も着ないもが結構ありました。

こういったことをまとめてやっておけば効率よかったなあって今は思います。2度手間だったのですが、もう一度リサイクルショップに持って行き売ることにしました。これはあまり値段になりませんでしたけど、荷物が減って荷造りが楽になってよかったです。

引っ越し先のレイアウト

3人家族で新居に引っ越ししたときの話しです。

家族でもっと広い家に引っ越したいと思い、しっかり準備をしてから引っ越しをしたつもりだったんですが、思いもよらないところで妻と揉めることになりました。部屋のレイアウトをざっくりにしかお互い決めてなかったので、大きな家電を、どこにおくか?テレビの角度や向きをどうするか?物の配置で細かなところが違ったので、業者さんも困っていました。

素直に妻のいうことを聞いていればよかったのですが、頑固になってしまい、話しが長引き結局あとからレイアウトを自分たちで動かすから適当においてください、という話にしてしまい引っ越し業者さんは帰ってしまいました。

それから揉めに揉めて結局妻の言い分を通すことにしました。

それから朝まで掛かって、レイアウトを変更し、それからようやく眠ることができたのですが、次の日もレイアウトの変更と荷物の整理をしなくてはいけなかったので、事前にレイアウトについて話し合うことはとても大事だとわかりました。

できる手続きは先にする

引っ越しをするにあたって、やっておいたほうがいいものは先にやっといたほうがいいとわかった体験があります。

 

去年引っ越しをしたのですが、引っ越し自体はとてもスムーズに完了できました。そしてライフラインの、電気、ガス、水道、インターネット、その他の手続きをしにいなくては、と思ったんですが、引っ越しが終わってからやったのでは間に合わないことがわかりました。

特にインターネットは開通まで1ヶ月くらいかかるそうなので、自宅で仕事をすることができなくて本当に困りました。

そして、電気ガス水道これらがなかった生活そのものができないので、業者さんに無理を言って、かなり急いできてもらいました。

あとは、住所変更、免許書の書き換えですね。本当に引っ越しに対して無知だったので、いろいろ困りました。次回引っ越しすることがあったら、今回困ったことを基本にもっとスムーズに生活が成り立つようにできたらいいなと思います。反省の多い引っ越しになりましたが、なんとか生活できるようになってよかったと思います。

 

大手と中小引越し業者の違い

私は、社会人になって5度転勤のために引っ越しを経験してきて、大手の引越会社と地場系の中小の業者ともに利用してきました。

それぞれの良い所、悪いところを体験から記述します。

大手業者の場合

利点

見積もり依頼してから、実際に現場確認まで対応が早いです。

見積内容もしっかりしていて不明な点が内容に明快に記述されています。見積もり時に実際の金額が確定できます。

社員教育が行き届いていて礼儀正しく、実際の作業も見ていて不安を感じない。

欠点

料金がやはり中小に比べ割高です。

過剰サービスな部分が多々ある。

 

中小業者の場合

利点

見積もり依頼をしても、かなり基本料金は安く出してきます。

対応も地元の方言なので安心感があります。

欠点

見積もりにオプション料金の設定が多く見づらい、実際にかかる金額は見積もり時では確定できないです。

作業員の教育等があまり行われていないためか、言葉使い、作業態度があまり良くないです。

 

両方共、利点欠点ありますが、コミコミで楽ちんコースであれば大手に依頼、できるだけ安くあげたいにであれば中小だとおもいます。

 

テレビでよく見かける引っ越し作業、あれが普通なのでしょうか

テレビで家を改築するために一度引っ越しをして、数か月後に家の改築が終わったらまた引っ越しして戻ってくるという番組をよく見ます。家の改築にも興味がありますが、毎回引っ越しをするときの引っ越し業者の人の作業も気になります。

 

引っ越しの様子を見ていると、食器や私物の物なども引っ越し業者の人が箱詰めをしています。また、事前にもその家の人たちがやっているかもしれませんが、当日引っ越し業者が来てから箱詰めの作業を開始しているように見えます。食器などは専用の箱があるのでそれを使うと壊れずに運ぶことができます。以前の引っ越しでしたら新聞紙などに食器をくるんで箱の中に詰めていくという作業が必要でした。

 

よく見るテレビ番組の引っ越し業者はいつも同じ業者なのですが(当たり前かもしれませんが)、他の引っ越し業者の引っ越しの作業も同じように作業しているのか気になります。引っ越し業者ごとに便利なやり方や独自のテクニックなどあるのでしょうか。そういったわけで改築より引っ越し作業のほうにどうしても目がいってしまいます。

ネットからレンタルトラックを申し込み引越し

私は以前引越しをしたときは引越し業者に頼まずに家族だけで引越しを行いました。その理由は引っ越し先が引っ越し前に住んでいた家から比較的近い距離にあったためです。

ただいくら近い距離とはいえ、荷物を運ぶには乗用車では少し無理があります。そこで私はトラックをレンタルしようとネットを使い、近隣で借りれるところはないか検索したのです。

いろいろと出てきたので、私はその中から評判が良くてなおかつ安いところを条件に絞込み、最終的には家から一番近かったところを選びました。借りに行くのですから家から遠い場所にあると時間がかかってしまうので、近い場所のほうがいいと判断したのです。

私が借りたレンタルトラックの会社はネットから申し込みできるところであり、ネットから申し込んだほうが値段が少し安かったのです。私は家にインターネット環境が整っていて良かったと思いました。少しとはいえ安く済むのですから、それに越したことはありません。

引越しのアルバイトを経験

当時少しでも多くのお金を手に入れないといけなかったので、引越しのアルバイトに挑戦した事があります。引越しのアルバイトは他のアルバイトに比べて、時給や日給が高く設定されているので、多くのお金を稼ぐ事ができました。また当時はスポーツを行っていたので、ある程度体を動かす作業には自信を持っていました。そんな状況の中で引越しのアルバイトを行ったのですが、普段使用していない筋肉などを使うので思っている以上に疲労が溜まりました。また何件も引越し作業を手伝わないといけなくなるので、当時の私でもかなりしんどかったという思い出が今でも残っています。その分多くの給料を手に入れる事ができたので、個人的はかなり満足はしています。体力に自信がある方でも引越しは普段使用していない筋肉を使用しますし、長時間の作業になるので疲労が溜まりやすいです。筋肉痛になってしまうと後日の引越しアルバイトにも影響を出してしまうので、気をつけながら作業を当時は実施していました。